本入店する必要ってあるの?体入と本入店の違いは特になし?

体入と本入店で違うことってあるの?

ナイトワークのお店でお試しで働くことができる体験入店、通称体入。それに対してシフトを決めて本格的にそのお店で働くことを本入店と言うのですが、この体入と本入店では、給料や仕事内容に違いがあるのでしょうか?

体入時給の方が高いお店もありますし、本入店しないことで心理的な負担も少ないように感じます。

現在体験入店をしてみたけど、本入店と何が違うのか知りたい人

に向けて解説していきたいと思います。

体入時でも受けられるバックシステムとは?

ナイトワークの世界では、バックシステムと呼ばれる売り上げの何%かが給料に上乗せされるシステムがあります。ベテランキャストになると時給よりもそのバックシステムの方が配分が多く、高額な給料を受け取ることができるんです。

例えば指名やキャストのドリンクの注文などが入った時に、その売り上げの数%や決まった金額が給料に上乗せされます。

他にもボトルの注文や同伴などにもバックが付くことが多く、そのバックの金額や種類ついてはお店によってそれぞれ異なります。

このバックシステム、体入の時には適用されないのかと言われればそうではありません。体入時でも一部のバックシステムが適用されます!
例えばドリンクバックなどなら体入時点でも受けられる可能性が高く、時には表示されている時給以上の金額を稼ぐこともできます。

(私も調子が良い時はこのバックシステムで稼いで月収が100万の大台を超えたこともあります!)

ですがその時給プラスバックの給料がそのまま受け取ることができるワケではないことも覚えておきましょう!

ヘアメイク代やドレスのレンタル代、源泉徴収などが差し引かれることも多いので、その差し引きもしっかりと確認することが必要です。

体入と本入店での給料の違いについて

体入時と本入店時での給料の違いですが、実は体入時給の方が高いケースが多く、本入店時の方が多少時給が劣るような仕組みになっています。

その代わり本入すれば、先ほども紹介したバックシステムがすべて受けられるようになったり、月々の指名数や出勤日数が一定ラインを超えれば時給がアップし、給料の上限がなくなります。

本入店を果たしてある程度指名を取れるようになれば、かなりの金額を稼ぐこともできるようになりますよ。中には毎月の給料が100万円を超える人気キャバ嬢も!

特に高級店の場合は時給もお客さんの羽振りも良く、容姿のレベルや接客技術を求められますがそれだけ収入にも直結します。

もちろんバックシステムは全てのお店で同じ制度を取り入れているワケではありません。キャバクラやガールズバー、ラウンジなどナイトワークの職種によっても、バックシステムで受けられるものと受けられないものがあることを覚えておきましょう。

本入店をすると本格的にそのお店で仕事をしていきます

このように体入と本入店では給料も少しずつ違います。

体入してみてそのお店が自分に合っていると感じたら、本入店してみてもいいかもしれません。

本入店することは、本格的にそのお店で仕事をしていくということ。長く働いていくためにも、体入から優良店を見つけ出して、短時間で高収入を目指しましょう!

体験入店は本入店のための最初のステップ

今は毎日指名が止まらない人気のキャバ嬢でも、昔は右も左もわからない未経験者で、みんな体験入店を経験してきました。

本入店すれば、止める理由がない限り長い間働くことになるので、体験入店の制度を有効に使って自分が働きやすいお店かどうかを見極める必要
があります。

自分に向いてるお店がないと言って、体入を繰り返していると体入荒らしと思われてしまうため、きちんと本入店をする前提でテストチェックのつもりで体入しましょう。

本入店すれば、努力次第でそのお店での看板キャストになることも可能です。看板キャストになれば売り上げバックや指名バックなどによって、体入の時とは比較にはならない給料が稼げます。

なので腰を据えて長い間お店で働くためには、体験入店でしっかりと見極めましょう。

キャバクラの体験入店でいくら稼げるかはこちらで解説してます。