お昼の仕事と体入のWワークでもナイトワークは歓迎です!

夜に時間がある人は体入がWワークに最適です!

昼間も仕事をしているけれどあんまり給料が多くはないから副業したい・・・そう思っている方にはナイトワークもおすすめ!ナイトワークはキャバクラやガールズバー、ラウンジなどの仕事が中心で、ナイトワークに馴染みがない人にとっては不安も多いかもしれません。ですがナイトワークは高時給で頑張ればしっかり稼ぐことができるのが大きな魅力。

そんなナイトワークで働いてみたいかも、そう思ったら体験入店(体入)から始めてみましょう!体入ではナイトワークがどんな仕事なのか優しく教えてもらいながら実際に働くことができて、しかもその日の給料を日払いでもらうことができるところがほとんどです!体験入店で働きやすさを感じたら、本入店も考えましょう!

お昼は別の仕事をしながら夜に副業を!

ナイトワークの良いところは、お昼は別の仕事をしながら副業をすることができるところです。もちろん昼も夜も働くことになるので体力的に大変ではありますが、比較的夜は時間があって暇なことが多い方なら、頑張れば頑張る分だけ副業でしっかり稼ぐことも夢じゃありません!

お昼の仕事がWワークOKなら、ナイトワークで副業をするのもおすすめです。何か目標があって貯金したい方や将来のために今のうちに稼いでおきたいなど、今は働いてとにかくお金を貯めたいと思っている方はぜひ視野に入れてみてください。

イベントなどで急にお金が必要になって困っているという方でも、ナイトワークなら働いた分の給料をその日のうちに受け取ることができる日払い制度を取り入れているところがほとんどです。

ナイトワークのお店は優良店もあればブラックな悪徳店もあるので、優良店を選ぶことがとても大切です。優良店を選べば不透明な給料の天引きがありませんし、お店の雰囲気も良く働きやすいところが多いです!

それを見つけるために、体験入店から始めてお店の雰囲気や給料事情をしっかりと確認しておくことが大切で、雰囲気が良く給料もしっかりと支払われるところなら、安心して働くことができますよ。

Wワークで1番気になる身バレについて

Wワークをする上で、中でもナイトワークをする上で気になるのが身バレ。昼間の仕事の同僚や上司にうっかり副業がバレてしまったり、夜の繁華街でばったり会ってしまった場合。お店の中でばったり出会ってしまうと隠すことも難しいかもしれませんが、その場合でなければ身バレは上手く隠すことができます!

ナイトワークを副業とする場合、居酒屋でバイトをしていることにするのがベストでしょう。夜にできるバイトですし、あまり悪いイメージもありません。タバコの匂いやお酒の匂いがしたとしても、「仕事終わりに少し飲んできた」と言い訳することもできるので、深夜遅くに繁華街でばったり会ってしまったとしても不自然にはなりません。

昼間の仕事がWワークNGでなければ、特別咎められる心配もないでしょう。

それでもどうしてもバレたくない!という場合は朝昼に営業しているキャバクラを選んで仕事が休みの日にシフトを入れれば、ほとんど身バレする可能性はありません。

体入でのWワークでならガッツリ稼げる!

体入ではその日稼いだお金をそのままもらうことができます。もちろん源泉徴収やお店によってはヘアメイク代や衣装のレンタル代などが差し引かれますので、時給×働いた時間がそのままもらえるわけではないですが、がっつり稼ぐことができることに違いはありません。

中にはドリンクバックなどナイトワークに多いシステムバックが時給に上乗せされる形で入ることもあります。

だからと言って、体入を日払いの割のいいバイトだと思わず、本入店も真剣に考えましょう。都合の良い時に体入すれば良いと思っていると体入荒らしだと思われて、ナイトワークの業界のブラックリストに入れられてしまうことも。

長く働けそうな雰囲気の良いところや勤務日数が少なめでもOKなところを選んで、本入店することも視野に入れてナイトワークで稼ぎましょう!