体入制度ってどういうこと?気になるシステム教えます!

体入って何?どんなシステムかご紹介します!

ナイトワークについて調べていると、「体入」という言葉を目にした方も多いかと思います。

体入とは、「体験入店」の省略形です。体験入店とはその名の通り、キャバクラやガールズバーなどのナイトワークのお店にお試しで働くこと。大抵は1日他のキャストと一緒に働いて、ナイトワークやそのお店の雰囲気を掴むことができるというものです。

しかも体験入店でも他のキャストと同じく時給があり、日払いでもらうことができるので体験入店はとてもおすすめ!特にナイトワーク未経験だと、いきなりキャバクラに入ってちゃんとやっていけるのか不安に感じてしまう人も多いですよね。

私事にはなるのですが、私は19歳からキャバクラで働いていて、やっぱりそのきっかけは体験入店でした。体験入店をしたお店の雰囲気がとても和やかで、先輩キャストの方達が初入店・ナイトワーク未経験の私にもとても優しくしてくれたことから、ナイトワークの印象がガラッと変わりました。やっぱりなんでもやってみないことにはわからないですね。

体入とは体験入店の略称です!

こちらではナイトワーク、特にキャバクラに焦点を当てて大まかな体験入店(略して体入)のシステムからその流れまでをご紹介いたします。ラウンジやガールズバーなど、他のナイトワークに関しても大まかな流れに関しては同じです。もちろん店舗によって細かな違いはありますよ。

流れを大まかに説明するとこのようになります。

  1. WEBなどの求人情報から応募する
  2. お店で面接を受ける
  3. 体験入店の日程を決める(即日体入の場合もあり)
  4. 体験入店スタート!

②までは他のアルバイトと比べてもだいたい同じですよね。そして面接に通れば③のように体験入店の日取りを決めます。
それが決まれば体入スタートです!

お店によっては面接と同じ日にそのまま体入するところもあり、ヘアメイクスタッフやレンタル衣装完備のキャバクラ店の場合、何も用意していなくても体験入店ができることもあります。

後日改めて行う場合は、ライターやハンカチなどのキャバ嬢の必須アイテムを持ち物として指定される場合もあるので、その時は指示通りのものを用意してからいきましょう。

面接が終わり晴れて合格すれば体験入店です!お店によっては面接終了後、体入前に大まかの仕事内容や気をつけるべき事について説明されます。ここで丁寧に優しく説明してくれる店舗は優良店である可能性が高いので、安心して働くことができるでしょう。

もちろん最初から高度な接客技術を求められるわけではありません。他の先輩キャバ嬢のサポートをする形で働くことがほとんどです!

体験入店が終わってお店からも認めてもらえたら、次はいよいよ本入店です。安心して働けそう、これからも働いていけそうだと思ったら、そのまま本入店に進みましょう!

体入の次のステップとは?

体験入店が終わったら本入店です。本格的にシフトを決めて、キャバ嬢としての第一歩を踏み出しましょう!

もし自分にとって条件が良い求人情報を見つけたとしても、いきなり本入店するのはやめておいたほうがいいです。ナイトワークの世界は競争が激しいことから、お店の中の雰囲気が悪いところも。求人情報だけではお店の雰囲気まではわかりませんよね。

だからこそ体験入店で事前に確認するのがポイント。未経験の方はもちろん、ナイトワークで何年も働いている人も初めて入るお店は一度体験入店をして雰囲気を確かめる方がおすすめです!

興味のあるお店で働きたいと思ったら体入です!

ナイトワークの場合、まずは体入することがとても大切。ナイトワークに興味がある方は、まずは気になったお店で体入してみましょう!

最初は特別高い時給を提示しているお店での体験入店よりも、その業種・エリアの平均的な時給と待遇を重視して選ぶと、働きやすいお店を見つけることができますよ。

お店側も未経験なことは承知の上。ナイトワーク未経験の方でも優しく教えてくれるところが多いので、条件の良いお店を見つけたら、思い切って体験入店してみてくださいね。