体入した時の給料ってどうやって支払われるか知ってる?

給料は手渡し?振込?体入の給料事情について

体験入店は他のキャストと一緒に働く体験をして、給料をもらうこともできます!そのお店の雰囲気や仕事内容を知るためにも、ナイトワークでは体験入店をしてから本入店をして働き始めるのがおすすめです!

ですが時には体験入店をした結果、自分にそのお店の雰囲気は合わなかったという場合もあります。

その時気になるのが体入の際に発生した給料です!体験入店の際の給料は手渡しなのか振り込みなのか、また体験入店の時の給料だけでももらえるのかどうかはとても気になりますよね。

一番多いのが、体験入店のその日のうちに現金手渡しでその日の給料をもらえるというもの。ナイトワークの場合、日払い制度を設けているところも多く、その日働いた分の給料をその日の終わりに計算して手渡しでもらうことができます!

なのでもし体験入店をして合わなかった場合でも、悪徳店でなければちゃんと給料をもらえますよ。

ですがそれがわかったとなると出てくるのが、いわゆる「体入荒らし」です。これは、体験入店をしてその日の給料をもらいつつ、本入店をする気は無いという、日払い感覚で体入だけを繰り返す人のこと。そうした人はどんなお店であれど迷惑に感じられますし、そのエリアの他のお店からもマークされて、体入自体ができなくなるリスクがあります。

「体入荒らし」にならないよう、長く働ける場所を真剣に選ぶことは必須です!

体入時の時給より多く稼ぐ方法がある?

体験入店の時給より多く稼ぐ方法、実はあります。ナイトワークの求人情報を見た時に「各種バックあり」という言葉を目にしたことはありませんか?これは例えばお客さんがキャストのために飲み物を注文していただいた回数やお客さんに指名された回数により、決められた報酬が時給に上乗せされるというシステムです。体入の場合もこのバックシステムは受けられます!

指名バックはさすがに厳しいですが、羽振りの良いお客さんが体験入店の女の子にもドリンクを注文してくれたら、その分のバックをもらえるところが多いです。なので、バックシステムを取り入れているところであれば、表示されている時給に上乗せされた給料を稼ぐことができる可能性もあります!

時給x働いた時間=給料ではありません!

ですが、注意したいのが時給プラスアルファが必ずもらえるわけではないというところです。

表示されている給料×働いた時間がそのまま給料としてもらえるわけではなく、バックシステムによるプラスアルファがある一方で、ヘアメイクをスタッフの人にお願いすればヘアメイク代が引かれますし、ドレスをレンタルすればレンタル代が引かれます。

また多くの場合仕事が終わったら終電がなくなっている時間帯なので、送迎を希望するのであれば送迎代も引かれるのですが、そのことを表記していないお店も多いです。

特に悪徳店の場合はこれらを予告なく引いてきて、結局勤務時間で換算すると時給1,000円にも満たないということも!体入前、面接の際にこれらの差し引きや給料に関しては確認を取っておきましょう。

また優良店でも悪徳店でも必ず引かれるのが源泉徴収です。およそ給料の10%が源泉徴収として引かれますが、お店によっては少しそのパーセンテージが違うところもありますので、それについても注意しておきましょう。

体入時の給料は基本的にその日払いの手渡しです

このように、大抵の体験入店では体験入店で稼いだお金に関しては手渡し日払いの場合が多いです。

ですが中には後になって「本入店しないと体験入店分の給料を支払えない」、「週払いだからすぐには払わない」というお店も。こうしたお店に引っかからないように、「体験入店日払いOK」など体験入店で稼いだお金はそのまま直接もらうことができるお店を選びましょう。体入前に再度確認を取っておくのも良いですね。

給料はもちろんですが、体験入店をする時は「その日稼ぐこと」を重要視するのではなく、あくまで””体験入店であることを忘れないことが大切です。

お店の雰囲気はどうか、今後もこのお店で働いていけるのかを確かめるためにあるのが体入です。自分に合ったお店かをしっかりと見極めて、ナイトワークに一歩踏み出しましょう!